季節のお手入れ





●●●夏こそクリームでお手入れを!???あまり聞き慣れないフレーズです ●●●

「夏は自分の皮脂と汗で十分というかベタベタ、これ以上しっとりなんて暑苦しい」

「この時期はお化粧水と日焼け止めくらいで過ごす」

なんて声が聞こえてきそうです。

確かに乾燥からは解放されたように感じる季節、 ベタベタの汗を拭いたり、洗う方に集中してしまいがち。
しかし長時間、汗で常にじっとりしているお肌は、ちょうどお風呂やサウナに入っている時のような状態。
そう!ふやけているのです。 ふやけたお肌のバリヤ機能の弱さは、容易に想像がつきます。

夏のクリームは保湿というよりも、汗が必要以上にお肌に溜まる事を防ぎ、 クーラーの効いた部屋の乾燥などにも対応するため。 ねんどののクリームはその結晶の皮膜効果で、夏のお肌にもサラッと心地よくお肌を守るので、 汗にもクーラーで乾いた空気にも対応してくれます。

夏のお手入れの定番は
ねんどのフェイスソープ→ねんどのローション→ねんどのクリームに週2回のねんどのパック

〜肌は夏にダメージを受け、冬に老化する〜 夏のお手入れが、冬のお肌を制します!


おすすめの商品: ねんどのフェイスソープ  ねんどのローション  ねんどのクリーム

          ねんどのパック

 




●●●梅雨は湿気が多く、不快な季節と思いがちですが、お肌にとっては、とても良い環境なんです●●●

 この季節を利用して、ワンランク上のお肌を目指すチャンスの次期!だからといって、すごく特別なお手入れをする必要はありません。


@適湿・適温で日差しから守られている日

Aムシムシして汗ばむ日

B晴天で日差しも強い日

様々な環境をや状況を考慮して、基本的な毎日のお手入れをコツコツ続ける事こそ、一番の成功法です。



<お手入れの手順>

@適湿・適温で日差しから守られている日
朝晩「ねんどのフェイスソープ」で洗顔(乾燥肌の方は「ねんどのパック」だけで吸着洗顔)→「ねんどのミルキィローション」でシンプルケア(ミルキィローションの前に「ねんどのローション」をつけて頂くのもOK!)

Aムシムシして汗ばむ日
@と同じ洗顔法の後→「ねんどのローション」をしっかり肌に馴染ませ、「ねんどのクリーム」もしくは「MOREクリーム」でお肌が汗で蒸れるのを和らげます。粘土の包摂力でサラッと感をキープ♪

B晴天で日差しも強い日
夜の洗顔後に「ねんどのパック」を加えてみてはいかがでしょうか?
強い日差しで疲れたお肌をサしっかりポート!日中も「ねんどのローション」を持ち歩き、汗を抑えた後、化粧直しの前に馴染ませておけば、薄いサラサラフィルムでベタつくお肌をスッキリさせてくれます。

上記にプラス「ねんどの日焼け対策」は必須ですね! 肌環境と相談しながら、本格的な夏を楽しく迎えられるよう、肌育はじめませんか?
 

おすすめの商品: ねんどのフェイスソープ ねんどのローション ねんどのミルキィローション

         ねんどのパック ねんどのクリーム ねんどの日焼け対策 

 



●●●春は草木が芽吹き、生き物たちがのびのびと外に顔を出してきます●●●

 人の身体も冬の間貯め込んでいたものが、新陳代謝が活発になりお肌にぽつり。
デトックスの季節到来です!
この季節にしっかり出して、スッキリさせておきたいものです。

しかし日本の春は、風が強く、最近では花粉やPM2.5など、お肌の刺激になるものがいっぱい。
さらに紫外線が強くなってくるという過酷な情況でもあります。
そこでズバリ!春のお手入れは代謝をスムーズに促し、お肌を守り育てるケア!
粘土の3つの特徴は春のお肌の強い味方です。

@吸着力:肌や髪を傷めることなく、毛穴の奥の汚れや古い角質などのお肌のくすみの原因をやさしく取り去ります。

A包摂力:水や油、その他さまざまな潤い成分をたっぷり包み、お肌の上で潤いをキープ、日焼けもしにくくしてくれます。

B 皮膜力:乾くと非常に薄いフィルム状の結晶皮膜がお肌をおおいます。そのサラッとした皮膜が、ホコリなどを寄せ付けず、肌を保護します。


 そして森の動物達は、傷を癒したりキレイにしたりするのに、粘土を身体をこすりつけていました。 人々の暮らしの中でも伝統的使用法として、傷跡や肌荒れなどに塗布するなど、美容や治療に使われてきました。

そんな粘土をベースに ヒアルロン酸とお肌にハリと弾力を与える植物成分を贅沢に包んだMOREクリームは春のお肌に強い味方です。 クロモジとラベンダーの香りが、生活環境が目まぐるしく変わり、乱れやすい自立神経を整えてくれます。

後は食事や運動、質の良い睡眠を心がけ、素敵な季節を楽しみましょう!
 




おすすめの商品: ねんどのパック ねんどの日焼け対策 モアクリーム